引越し 不用品処分

引越し挨拶

MENU

引越しの挨拶

引越しの挨拶

引越しの準備のひとつとして忘れてはいけないのは、ご近所への挨拶です。引越しの挨拶は、旧居と新居、両方に行うのがマナーです。旧居での挨拶は引越しの2日前から当日、新居でも挨拶は、2日前から翌日ころまでに済ませておきたいですね。

 

新居の挨拶には粗品を持っていくことが多いですが、旧居の場合は挨拶のみという人が増えているようです。粗品は500円から1,000円ほどのものを準備します。旧居の挨拶のときの粗品は、これまでのお付き合いや状況に合わせて行うといいでしょう。

 

 

旧居での挨拶は、「引っ越すことになりました。今までお世話になりました。」
新居での挨拶は、「引っ越してきました○○(名前)です。よろしくおねがいします。」

 

という挨拶が一般的です。

 

一軒家の場合には、両隣に挨拶をすればいいと思いますが、アパートやマンションの場合には、上の階と下の階にも挨拶に行くようにしましょう。引越しの時には大きな音がしたり、迷惑をかけることもありますし、その後の生活にも、足音などで迷惑をかけてしまうことがあるからです。ただ、社宅の場合、すべての部屋を回ったほうがいいようです。

 

引越しをすると、荷物がたくさんありすぎて、挨拶の品がどこにあるのかわからないなんてこともあるかもしれません。挨拶は、できるだけ引越し前に済ませておいたほうが安心ですね。ご近所づきあいも生活の中では大切です。何かあったときのためにも、ご近所への挨拶はしっかりとしておいたほうがいいでしょう。

 

その他挨拶状を親しい人に送る人もいますが、引越しが終わってからハガキで案内するのが一般的です。