引越し 不用品処分

賃貸契約について

MENU

敷金と礼金に関する基礎知識

敷金礼金

賃貸契約の際には、前もって払う家賃以外にも敷金、礼金がかかる物件があります。ありますというか現状は敷金・礼金が必要な物件の方が多いです。

 

敷金というのは、部屋を契約するときに大屋さんに預けておくお金のことを言います。退去するときに汚れや傷を修理するときに、敷金から修理をします。また、家賃が払えなかったときなどに、一時的に敷金から家賃を立て替えるということもあるようです。敷金は、あまってしまった場合には退去のときに返還されます。ただ、部屋の汚れがひどかったり、傷が多かったりで、直すところが多かった場合、敷金だけでは負担しきれずに足りない分を支払うこともあります。

 

敷金の返還額が多くなるように、極力きれいに生活したいところですが、なかなかそうもいきません。敷金が返ってくると次の引越し資金の足しになるんですけどね。ただ、ペットを飼っていたり、タバコを吸っている人は、敷金はほとんど返って来ないと考えておいたほうがいいでしょう。私も現在ペット可マンションに住んでいますが、退去時に敷金は戻らないと契約書に明記されていました。

 

一方、礼金はというと、大屋さんに物件を貸してもらうお礼のお金なので、退去時に戻ってくるというようなことはありません。最近は礼金がかからないという物件も増えています。少しでも支払う金額が少ないほういがいので、物件選びのときの条件の一つとしてもいいかもしれませんね。物件を探す時に予算が厳しい時など、敷金・礼金がかからない物件を最初から選ぶようにしましょう。

 

参考までにペットを飼える物件はペット礼金を設けている物件も多いです。

賃貸契約

契約をする場合に必要なものは、住民票、印鑑、入居者の収入を証明出来る源泉徴収票か、住民税課税証明書などです。必要なものは、不動産会社から事前に言われると思うので、忘れないように用意しましょう。また、契約時にはこのような書類だけではなく、敷金、礼金、仲介手数料、共益費、家賃も必要です。

 

仲介手数料は、不動産業者に支払う金額で家賃の0.5から1か月分の支払いが一般的です。共益費は多くの住人が使用する物件の道路をきれいにしたり、共用灯などに使われる費用です。物件によって金額が大きく違ってくるのですが、2,000円から5,000円ほどが相場のようです。家賃も、前払いと後払いが物件によって違ってくるので、先に確認しておくと安心です。

 

これらは物件が決まってから必要となるお金ですが、下見をしていて、まだ契約はしていないけれど他の人にはとられたくないという物件がある場合には、手付金を支払うといいようです。

 

契約の時にはいろいろなトラブルが起こることがあります。トラブルを防ぐためにも、不動産会社から渡された書類にはよく目を通すようにしましょう。1人では不安だという人は家族などについてきてもらって、一緒に契約するといいのではないでしょうか。