引越し 不用品処分

旧居の解約

MENU

旧居の解約

旧居の解約

引越しが決まったらいろいろな準備がありますが、忘れてはいけないものが、旧居の解約です。引越し準備や新居を決めることなどに追われて、旧居の解約を後回しにしてしまう人がいますが、それでは損をしてしまう場合もあるので注意が必要です。

 

解約の報告をいつまでにするかということは物件によって異なり、契約をする時に渡される賃貸契約書に書かれているのが一般的です。もし書かれていない場合は、法律に基づいて3ヶ月前と考えましょう。それよりも遅くなってしまった場合には、契約上、新居と旧居の両方の家賃を支払わなければいけなくなったり、罰金が発生してしまうこともあります。そのようなトラブルがないように、引越しが決まったら、まずは解約告知期間を確認し、早めに手続きを始めておきましょう。

 

部屋を引き渡すときには、家には何もない状態にして、掃除をしてから引き渡しとなります。鍵も忘れずに返しましょう。

旧居の引き渡し

旧居の引き渡し

引越しが決まった時点で旧居の引き渡しの日を大家さんと打ち合わせます。旧居の引渡しについては、物件によっては荷物を運び出したら鍵を郵送すれば完了というところもあるようですが、敷金の返済額の問題があるので、できるだけ引渡しには立ち会うようにしましょう。

 

一般的には引越しを済ませて、他の日に引渡しをすることが多いようですが、遠くに引っ越す場合には立会いの為に戻ってくることは難しいため、午前中に荷物を運び出し、午後に立会いということも可能なケースもあります。日にちや時間は大屋さんと相談して決めましょう。

 

大屋さんではなく、委託している業者が来るという場合もあります。引渡しの時には、傷や汚れなどをチェックされます。立ち会わないと、自分が入居する前からついていた傷でも、自分がつけたものとされて、敷金の返済額から減らされてしまったり、敷金の返済額をごまかされてしまうこともあります。立会いをしていれば修理費なども教えてもらえるので、返済額に納得してからサインをし、引渡しということになります。
壁に画びょうで穴があいていたり、壁が汚れていたりすると返済額が減らされてしまうので、穴を埋めたり汚れはできるだけきれいにしておくようにしましょう。