引越し 不用品処分

引越し時の転出・転入の手続き

MENU

引越し時の転出・転入届

転出・転入届

引越しが決まったら、転出・転入の手続きも忘れずに行いましょう。転出手続きも転入手続きも、それぞれ引越しの14日前と、引っ越してから14日以内となっています。できることはどんどんやっていきたいですが、決まっていることなので、忙しさで忘れてしまわないように気をつけたいですね。もし忘れてしまうと過料を請求される場合もありますので、気をつけましょう。とはいえ、あまりぎりぎりでは大変なので、1週間前には終わらせておくように予定しておきましょう。

 

転出届は、旧住所の役場で手続きが必要になります。同じ市区町村内に引っ越すという場合には、転居届けを出す必要があります。手続きをするには、身分証明書、印鑑、国民健康保険証を持っていきます。本人や世帯主だけではなく、代理人でも手続きができます。ただ、代理人の場合には、委任状が必要となります。手続きに必要なものがそろっていないと、手続きが出来なくてもう一度役所に行かなくてはいけないということになります。二度手間にならないように、必要なものをしっかりと確認していきましょう。

 

転入届は、転出届のときに受け取った転出証明書を提出します。引越しの前にもらう書類なので、引越しのばたばたでなくさないように気をつけましょう。これらの手続きは必ず行わなくてはいけない手続きなので、忘れないようにしましょう。

子どもの転校手続き

転校手続き

子どもが学校に通っている年齢なら、引越しが決まったら、転校手続きの準備も必要です。一般的な手続き方法としては、まず担任の先生に報告します。最低でも1ヶ月前には連絡しておきたいですね。

それから、学校から在学証明書と教科書給与証明書を交付してもらいます。そして、役場に行って転居届けを提出し、転入学通知書を受け取ってきます。在学証明書と教科書給与証明書、転入学通知書を、まとめて、新しい学校に提出します。わからない場合には、学校に聞いてみると教えてくれるでしょう。

 

もし学校で詳しいことがわからないというときには、役場に相談してみるといいでしょう。転校手続きは、学校によって少し方法が違う場合があるので、引越しが決まったら、学校に手続き方法を確認しましょう。引越しをしても学校が変わらないというときには、このような手続きの必要はありませんが、住所が変更したことはしっかりと連絡しましょう。

 

それから、書類だけではなく必要なものの準備も必要です。前の学校では必要がないものでも、新しい学校では必要になるものもあります。例えば制服です。新しい学校に行けば制服がある場合は、その学校の制服を用意しなくてはいけません。制服を作るのには時間がかかることもあります。子どもの登校日に間に合うように、早めに準備をしてあげたいですね。

引越し時の転出・転入の手続き関連ページ

電気・ガス・水道の引越し手続き
引越しの時には電気・ガス・水道の引越し手続きも忘れずに。
インターネットの引越し手続き
引越し時のインターネットの引越しも忘れずに。
忘れがちな引越し手続き
引越しの時に忘れがちな手続きについて